JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

1964年に松屋銀座7階に開設されたデザインのためのギャラリーです。企画から運営までメンバーが手がけ、バラエティー豊かな展覧会は毎回多くの人びとの関心を集めています。現在、デザインギャラリー展を年間10本のペースで開催。偶数年には、時代の流れを考慮したテーマによる大規模な企画展を開催しています。

お問い合わせ
03-3567-1211
受付10時~20時 デザインコレクションまで
アクセス
〒104-8130
東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座7階

2012
-
1953

  • 企画展
  • デザインギャラリー展
  • デザインフォーラム公募展
  • その他の展覧会
  • その他の活動
  • 新メンバー
 

2016

  • 「伝統の未来|02|日本酒 10人のグラフィックデザイナーによる日本酒ポスター展」
   

2016

   

2015

  • 「日本の杉の家具展」
   

2015

   

2014

  • 半島のじかん2014「半島の台所」
   

2014

   

2013

  • 「日本デザインコミッティーフォント展」
   

2013

   

2012

  • 「VITSŒ ディーター・ラムスがデザインした美しい棚」
   

2012

   

2011

  • 「モノの記憶を手繰って」
   

2011

   

2010

  • 飛騨春慶×日本デザインコミッティー「重と箱—見立てる器」
   

2010

   

2009

  • 飛騨春慶×日本デザインコミッティー「椀一式—使う漆器へ」
   

2009

   

2008

  • 「松屋とグッドデザイン、その運動と日本デザインコミッティー」
 

アップル社「Mac Book Air」

2008

 
  • アップル社「Mac Book Air」発表
  • 松屋銀座が毎日デザイン賞特別賞を受賞

2007

  • 「デザコレ・ベストセレクション」
  • ナガオカケンメイ・新見隆・小泉誠 参加

東京ミッドタウン(六本木)

2007

  • ナガオカケンメイ 参加
  • 新見隆 参加
  • 小泉誠 参加
  • 石本藤雄 退会
  • 東京ミッドタウン(六本木)グランドオープン、21_21同時オープン
  • PASMOが関東私鉄でサービス開始
  • 能登半島M7.1地震
  • 新潟県中越沖M6.8地震
  • 須藤玲子、佐藤可士和、2006年度毎日デザイン賞
  • 松永真、第9回亀倉雄策賞
  • 福田繁雄、第20回勝見勝賞

2006

  • 「DESIGN WITH RESPECT 心から尊敬するデザイン」
 

任天堂「Wii」

2006

  • 内田繁 退会
  • 任天堂「Wii」発売
  • トリノ冬期オリンピック開幕
  • 第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本優勝
  • 安部晋三が第90代内閣総理大臣に指名・就任
  • 佐藤雅彦、2005年度毎日デザイン賞
  • 勝井三雄、第19回勝見勝賞

2005

  • 「デザイナーと道具」展 アイデアを客観化する筆記用具
  • 隈研吾・山中俊治 参加

愛知万博「愛・地球博」

2005

  • 山中俊治 参加
  • 隈研吾 参加
  • 丹下健三・清家清・森正洋没
  • 日本国際博覧会(愛知万博)「愛・地球博」が開幕
  • JR福知山線脱線事故。死者107人・負傷者555人の大惨事
  • iMac G5が発売
  • ハリケーン「カトリーナ」「リタ」が米国上陸
  • 紀宮清子内親王と黒田慶樹が結婚
  • 山中俊治、2004年度毎日デザイン賞
  • 勝井三雄、第7回亀倉雄策賞
  • 宮崎清、第18回勝見勝賞

2004

  • 「時代のアイコン」日本のグラフィックデザイン50年
 

アテネオリンピック開催

2004

 
  • アテネオリンピック開催
  • 新紙幣発行(一万円=福沢諭吉、五千円=樋口一葉、千円=野口英世)
  • 新潟県中越地震発生で被害甚大
  • オレオレ詐欺(後に振り込め詐欺)が多発
  • ドラマ「冬のソナタ」で韓流ブーム
  • 大貫卓也、藤原大、2003年度毎日デザイン賞
  • 服部一成、第6回亀倉雄策賞
  • 森正洋、第17回勝見勝賞

2003

  • 600回記念展 「デザインの理念と実践」
 

六本木ヒルズ

2003

 
  • 感染症SARSの流行
  • 第75回アカデミー賞で宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」がアニメ映画賞受賞
  • iTunes Music Store開始
  • 六本木ヒルズ、グランドオープン
  • 佐藤卓、深澤直人、2004年度毎日デザイン賞
  • 中條正義、第5回亀倉雄策賞
  • 永井一正、第16回勝見勝賞

2002

  • 「デザインの原形」展 日本デザインコミッティー創立50周年記念
  • 平野敬子 参加

2002FIFAワールドカップ開幕

2002

  • 平野敬子 参加
  • 田中一光 没
  • 2002FIFAワールドカップ開幕
  • MacOS X 10.2 Jaguar発売
  • 冬期ソルトレークシティオリンピックが開幕
  • 小柴昌俊東京大学名誉教授がノーベル物理学賞、田中耕一がノーベル化学賞受賞
  • 平野敬子+工藤青石、吉岡徳仁、2003年度毎日デザイン賞
  • 佐藤可士和、第4回亀倉雄策賞
  • 諸星和夫、第15回勝見勝賞

2001

  • 「デザインの解剖①=ロッテ・キシリトールガム」
  • 深澤直人 参加

アメリカ同時多発テロ事件発生

2001

  • 深澤直人 参加
  • Mac OS Xバージョン10.0発売
  • アメリカ同時多発テロ事件発生。世界貿易センタービルに旅客機衝突。死者3000人以上
  • iPod発売
  • 近藤康夫、2000年度毎日デザイン賞
  • 原研哉、第3回亀倉雄策賞
  • 田中一光、第14回勝見勝賞

2000

  • 「VIVA20C 20世紀の物質と映像のデザイン展」
  • 原研哉 参加

ソニー「PlayStation 2」

2000

  • 原研哉 参加
  • 長大作・石元泰博 退会
  • ソニー「PlayStation 2」発売
  • 2000年問題
  • 小渕恵三総理大臣死去。森喜朗が第85代内閣総理大臣に指名される
  • シドニーオリンピック開幕。女史マラソンで高橋尚子が金メダル
  • 近藤康夫、原研哉、1999年度毎日デザイン賞
  • 永井一正、2回亀倉雄策賞
  • 鈴木邁、第13回勝見勝賞

1999

  • 「建築家とレゴ展 —7人の建築家によるレゴブロックの家—」
 

ユーロ通貨誕生

1999

 
  • ユーロ通貨誕生
  • マカオが中国に返還
  • NTTDoCoMo「iモード」開始
  • 三宅一生「A-POC」発表
  • ソニーAIBOチーム、日比野克彦、第45回毎日デザイン賞
  • 亀倉雄策賞策定。第1回受賞者=田中一光
  • 矢萩喜従郎、第12回勝見勝賞

1998

  • 「世界遺産ポスター展」
  • 佐藤卓・田中俊行・面出薫 参加

アップル社「iMac」発売

1998

  • 佐藤卓 参加
  • 田中俊行 参加
  • 面出薫 参加
  • 「Gマーク」民営化
  • ロンドンで「DESIGNERS BLOCK」始まる
  • アップル社「iMac」発売
  • 環境ホルモンが問題になる
  • 葛西薫、第44回毎日デザイン賞
  • 坂根進、第11回勝見勝賞

1997

  • 「アルファベット ポスター展」
 

宮崎駿「もののけ姫」

1997

  • 伊藤豊雄 退会
  • 亀倉雄策 没
  • 吉村順三 没
  • 本田技研が人型自立歩行ロボットP3を発表
  • 宮崎駿「もののけ姫」
  • トヨタがハイブリッドカー「プリウス」発表
  • NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)開館
  • 香港が中国に返還
  • 面出薫、和田誠、第43回毎日デザイン賞
  • 豊口協、第10回勝見勝賞

1996

  • 「デザイナー×地場産業 地域から世界へ」
 

DVD発売開始

1996

  • 石元泰博 文化功労者
  • 岡本太郎 没
  • DVD発売開始
  • バンダイ「たまごっち」
  • メールソフト「ポストペット」
  • 消費税5%
  • インターネット利用者100万人突破
  • 塩谷康、皆川魔鬼子、第42回毎日デザイン賞
  • 勝井三雄、第9回勝見勝賞

1995

  • 「Designer’s Catalogue—1」
 

阪神大震災

1995

  • 粟辻博 没
  • 「東京都現代美術館」開館
  • ロンドンで家具見本市「100%デザイン」始まる
  • プリクラ、ポケモンが流行
  • PHSサービススタート
  • 阪神大震災
  • 地下鉄サリン事件
  • 坂茂、第41回毎日デザイン賞
  • 稲次敏郎、第8回勝見勝賞

1994

  • 「1994 現代ポスター競作展—21VS.21」
 

インターネット日本上陸

1994

 
  • 企業のデザイン部門、分社化の動き
  • 関西新国際空港開港
  • 自動車電話・携帯電話自由化
  • ノキア、携帯電話「2110」発売
  • インターネット日本上陸
  • ゲーム機戦争(松下「3DO」、ソニー「プレイステーション」、セガ「セガサターン」)
  • 勝井三雄、第40回毎日デザイン賞
  • 柏木博、第7回勝見勝賞

1993

  • 「デザインフォーラム・ポスター展 日本デザインコミッティー40周年記念」
  • 伊藤豊雄・北川原温・佐藤晃一・松永真 参加

1993

  • 伊藤豊雄 参加
  • 北川原温 参加
  • 佐藤晃一 参加
  • 松永真 参加
  • 東京都、半透明ゴミ袋の使用を導入
  • 石岡瑛子、第65回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞
  • 日清食品「HUNGRY?」がカンヌ国際広告映画祭でグランプリ受賞
  • カシオ「Baby-G」発売
  • ジェームズ・ダイソン、掃除機「Dual Cyclone01」発表
  • 河原敏文、第39回毎日デザイン賞
  • 石岡瑛子、第6回勝見勝賞

1992

  • 「TABLE35—テーブル35の大響宴」
 

EC統合される

1992

  • 伊藤憲治 没
  • EC統合される
  • 「地球サミット」(国連環境開発会議)で採択されたリオデジャネイロ宣言で、基本コンセプトのひとつに「サスティナブルな開発」が挙げられる
  • コンビニエンスストア急増
  • アップル社、携帯型情報端末PDA「Newton」発表
  • ハーマン・ミラー社「アーロンチェア」
  • 仲條正義、第38回毎日デザイン賞
  • 木村一男、第5回勝見勝賞

1991

  • 「松屋のクリエイティブ 1978-1989」
 

ソニー「Playstation」

1991

  • 松村勝男 没
  • 倉俣史朗 没
  • ソニー「Playstation」発売
  • ベネトン「Colors」発売
  • 湾岸戦争1月:米国のコンピュータ戦略兵器が初めて実践投入
  • 南アフリカ共和国国会がアパルトヘイト集結を宣言
  • ソ連邦消滅
  • 亀倉雄策、文化功労者
  • 川上元美、第37回毎日デザイン賞
  • 仲條正義、第4回勝見勝賞

1990

  • 「ラスト・ディケイド1990 デザインのサンプリング」
 

バブル崩壊

1990

 
  • バブル崩壊
  • 東西ドイツ統一
  • 任天堂スーパーファミコン
  • グラフィックソフトの出現でDTPを活用し始めるデザイナー急増
  • 「デザイン功労者」発表。第1回表彰は、亀倉雄策、佐治敬三、豊口克平、長村貞一
  • 川崎和男、佐藤晃一、第36回毎日デザイン賞
  • 出原栄一、第3回勝見勝賞

1989

  • 「フィンランドの生活デザイナー [TIMO SARPANEVA]展」
  • デザインコレクションを改装

ベルリンの壁崩壊

1989

 
  • ベルリンの壁崩壊
  • 1月7日、昭和天皇崩御、元号が平成に
  • 大型間接税「消費税」を実施3%
  • 任天堂携帯用ゲーム機「ゲームボーイ」発売
  • ソニー「ハンディカムCCD-TR55」発売
  • 世界デザイン博覧会EXPO’89開催
  • エコマークスタート。省資源と環境にやさしい商品を奨励
  • 第1回マルチメディア国際会議開催
  • 中西元男とパオス、第35回毎日デザイン賞
  • 五十嵐威暢、第2回勝見勝賞

1988

  • 「JAGDAポスター展 JAPAN」
  • 柏木博 参加

ソ連でペレストロイカ

1988

  • 柏木博 参加
  • ソ連でペレストロイカ、大統領制に移行
  • マルタン・マルジェラのデビューコレクションが衝撃を与える
  • MoMAで「Design for Independent Living」展。障害者に対応したデザイン(米)
  • D・A・ノーマン著「誰のためのデザイン?」(認証心理学の視点からデザインへのアプローチ)
  • 操上和美、第34回毎日デザイン賞
  • ADC賞に原弘賞新設。第1回受賞者に矢萩喜従郎
  • 勝見勝賞制定。第1回受賞者に中西元男

1987

  • 「磯崎新のプリントワーク」
 

「ブラックマンデー」

1987

  • 石井幹子 退会
  • 国鉄、分割民営化により7つのJR新法人へ
  • 「ブラックマンデー」により世界同時不況へ
  • 世界人口が50億に達する
  • 電子手帳発売
  • 日産「Be-1」
  • パーソナルコンピュータによる出版システム、DTP胎動
  • ファミコン国内市場で1000万台突破
  • 東京タイポディレクターズクラブ結成
  • 内田繁、サイトウ・マコト、第33回毎日デザイン賞

1986

  • 「デザインニューウェーブ’86 都市・住居・椅子」
 

富士フィルム「写ルンです」

1986

  • 前川国男 没
  • 原弘 没
  • ソ連チェルノブイリで原発事故
  • オルタナティブ・デザインがヨーロッパで展開
  • ロンドンコレクションで「アンチワープの6人」が新しいファッションを提案、話題となる(ドリス・ヴァン・ノッテンほか)
  • 富士写真フイルム、使い捨てカメラ「写ルンです」
  • 松永真、第32回毎日デザイン賞

1985

  • 「ダネーゼ ブルーノ・ダネーゼと4人のデザイナー」
 

ナイキ「エア・ジョーダン」

1985

 
  • 円高ドル安
  • 東京の地価が暴騰
  • 国際科学技術博覧会EXPO’85開催[つくば市]
  • ジョージ・ルーカス、「ILM(Industrial Light + Magic)」設立(米)
  • 日本電信電話(NTT)、日本たばこ産業(JT)スタート
  • CD-ROM登場
  • ナイキのバスケットボールシューズ「エア・ジョーダン」爆発的人気(米)
  • 安藤忠雄、川久保玲、喜多俊之、黒川雅之、杉本貴志 第31回毎日デザイン賞(「交感するデザイン(六曜社)」に集まった5人のデザイナー)

1984

  • 「デザインニューウェーブ’84 日本」
  • 安藤忠雄・石本藤雄・喜多俊之・細江勲夫 参加

1984

  • 安藤忠雄 参加
  • 石本藤雄 参加
  • 喜多俊之 参加
  • 細江勲夫 参加
  • 新理事長 亀倉雄策
  • 鹿子木健日子 退会
  • アルダス社、DTPを発表(米)
  • ウィリアム・ギブソン「ニューロマンサー」(米)
  • 坂村健「TRON計画」発案
  • アルド・ロッシのエスプレッソマシーン「LaConica」(伊)
  • 第1回日本オブジェ展[渋谷・パルコ]
  • 杉本貴志、第30回毎日デザイン賞

1983

  • 「ザ・ベスト design 100 —私達はこの100点を選んだ—」
 

任天堂「ファミコン」

1983

  • 勝見勝 没
  • 東京ディズニーランド開園
  • 任天堂「ファミリーコンピュータ」発売、家庭用ゲーム機普及
  • フィリップス、初のCDを発売(蘭)
  • スウォッチ、プラスチック腕時計を発売
  • 春夏のパリコレクションで山本耀司、川久保玲「ジャパン・ショック」を巻き起こす
  • 国際デザイン交流協会設立、第1回国際デザインフェスティバル開催
  • 「ヒロシマアピールズ’83」第1号ポスター完成(AD=亀倉雄策、I=横山明)
  • 日比野克彦、第1回JACA日本イラストレーション展大賞(主催、国際芸術文化振興会)
  • 葉祥栄、第29回毎日デザイン賞

1982

  • 「Design 19 日本デザインコミッティー30周年メンバー展」
  • デザインコレクションマンスリー売場開設

CDプレイヤー発売、CD発売

1982

  • デザインコレクションに「デザインコレクションマンスリー」売場新設
  • フォークランド紛争
  • フロッグデザイン設立(米)
  • リドリー・スコット監督「ブレードランナー」(美術、シド・ミード)
  • CDプレイヤー発売、CD発売
  • コンパクトレーザーディスク生産
  • ISOに提案中の避難誘導ピクトグラムを中心とする非常口サインの新デザイン、国内実施展
  • 渡辺洋男ほかホンダ「シティ」開発グループ、永井一正、第28回毎日デザイン賞

1981

  • 「吉阪隆正の世界」
 

スペースシャトル第1号

1981

 
  • アルマーニなど、ミラノ・ファッション人気高まる
  • 米でスペースシャトル第1号「コロンビア」打ち上げ
  • AIDS認知される
  • 日米自動車貿易摩擦
  • ワープロを導入する企業増。オフィスオートメーション(OA)時代到来
  • 本田技研工業、省エネ車「シティ」(1200cc)発売
  • パイオニア、光学式レーザーディスク発売
  • 浜野安広、第27回毎日デザイン賞

1980

  • 「システム モノポール」
  • 名誉会員6名辞任

イラン、イラク全面戦争

1980

  • 名誉会員6名辞任
    原弘、勝見勝、前川国男、岡本太郎、丹下健三、吉村順三
  • 柳宗理 退会
  • 吉阪隆正 没
  • イラン・イラク戦争突入
  • ジョン・レノン、ニューヨークで射殺される
  • ヴェネチア・ビエンナーレに建築部門創設、ポストモダニズムに脚光(伊)
  • 西友が「無印良品」ブランドを始める(AD=田中一光、D=麹谷宏)
  • ナムコ「パックマン」発売。この頃から日本のゲームがアメリカに進出
  • アレッシィ社自社製品のために現代建築家を起用
  • 第1回日本グラフィック展[渋谷・パルコ]
  • 丹下健三に文化勲章
  • 永井一正、第1回山名賞(日本宣伝クラブ主催)
  • 桜井真一郎、浅葉克己、第26回毎日デザイン賞

1979

  • 「横尾忠則 三宅一生のためのプリントデザイン」
  • デザインコーナーをデザインコレクションと改称

1979

  • デザインコーナーをデザインコレクションと改称(マーク:永井一正)
  • 渡辺力、事務局長辞任、以後メンバー外事務局長となる
  • 滝口修造 没
  • ソ連軍、アフガニスタン侵攻
  • 第二次石油ショック
  • ソニー「ウォークマン」発売
  • フィリップス社とソニーがコンパクト・ディスクを共同開発
  • 日本電気、パーソナル・コンピュータ「PC-8001」発表。パソコン・ブームの口火を切る
  • 3M社、ポストイットを発売(米)
  • 丹下健三、文化功労者
  • 木村恒久、第25回毎日デザイン賞

1978

  • 「グローバルアイ’78—ニュー・デザイン・パワー」
  • 川上元美・菊竹清訓・槙文彦 参加

インベーダーゲーム爆発的流行

1978

  • 川上元美 参加
  • 菊竹清訓 参加
  • 槙文彦 参加
  • この頃、効率、私立の美術館が続々と設立
  • 東京国際空港(成田空港)開港
  • ニューウェーブ・ファッション流行
  • インベーダーゲーム爆発的流行(「スペースインベーダー」タイトー社)
  • 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)設立
  • 二川幸夫、第24回毎日デザイン賞

1977

  • 「画家・建築家・都市計画家 ル・コルビュジェの版画」
 

「スターウォーズ」

1977

  • 水之江忠臣 没
  • 中国、文化大革命終結
  • パンクロック登場
  • ジョージ・ルーカス「スターウォーズ」(米)
  • スティーヴン・スピルバーグ「未知との遭遇」(米)
  • 国産たばこ「マイルドセブン」発売
  • 森英恵がパリのオートクチュールに日本人として初めて進出
  • インベーダーゲーム爆発的流行(「スペースインベーダー」タイトー社)
  • 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)設立
  • 仙田満、第23回毎日デザイン賞

1976

  • 「オリンピック・コイン・デザイン展」
  • 船越三郎・伊藤隆道・黒川雅之・三宅一生 参加

1976

  • 理事長 清家清
  • 船越三郎 参加
  • 伊藤隆道 参加
  • 黒川雅之 参加
  • 三宅一生 参加(後退会)
  • アップルコンピューター社(米)発売の8ビットパソコン「アップルII」がベストセラーに
  • 世界初の高感度フィルム「フジカラーFII400」発売
  • 三宅一生「一枚の布」、パリで発表
  • 「デザイン業」の項が日本標準産業分類に新設
  • 三宅一生、第22回毎日デザイン賞

1975

  • 「グローバルアイ’75—地中海・土と火のデザイン展」
 

ビッグ社使い捨てカミソリ

1975

  • 田中一光 退会
  • 原弘、海外旅行中に急病にて第一線を退く
  • 米「アポロ」ソ連「ソユーズ」の宇宙船がドッキング
  • チャールズ・ジェンクスが「ポストモダニズム」を主唱(米)
  • EXPO’75沖縄海洋博開催
  • ビック社、使い捨てカミソリ発売(米)
  • 石岡瑛子、第21回毎日産業デザイン賞

1974

  • 「曲線の工程 ト−ネットの曲木椅子より」
 

日本広告審査機構(JARO)設立

1974

  • 長狂平 没
  • 高橋正人 退会
  • ニクソン大統領、ウォーターゲート事件により辞任
  • 省エネルギー省資源対策の強化
  • ジウジアーロ「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(独)
  • SIGGRAPH(Special Interest Group on Computer Graphics)始まる(米)
  • 日本広告審査機構(JARO)創立
  • 横尾忠則、森正洋、第20回毎日産業デザイン賞

1973

  • 「倉俣史朗の造形」
  • 長狂平・石井幹子・松本哲夫・永井一正・田中一光 参加

1973

  • 長狂平 参加
  • 石井幹子 参加
  • 松本哲夫 参加
  • 永井一正 参加
  • 田中一光 参加
  • ベトナム戦争終結
  • 米、宇宙ステーション「スカイラブ」打ち上げ
  • 第一次石油ショック(石油価格暴騰)
  • ファクシミリが一般発売
  • 世界インダストリアルデザイン会議(支部)開催、テーマ「人の心と物の世界」
  • 田中一光、第19回毎日産業デザイン賞

1972

  • 「デザインギャラリー100回記念展 “私たちの仕事”」
 

IBM社フロッピーディスク

1972

  • 河野鷹志 退会
  • 杉浦康平 退会
  • 篠原一男 退会
  • 日本列島改造論(田中内閣)
  • IBM社、フロッピーディスクを発表(米)
  • 日産「スカイラインGT」発売
  • 「成長の限界」(ローマクラブ)地球資源の限界警告
  • 第11回冬季オリンピック札幌大会開催(会場内に使用される文字、色彩、シンボルなどが「デザインガイド・シート」にまとめられた)
  • 大橋正、倉俣史朗、第18回毎日産業デザイン賞

1971

  • 「’71グッドデザイン展—私の座」
  • 福田繁雄 参加

ドル・ショック

1971

  • 剣持勇 没
  • 福田繁雄 参加
  • 米でベトナム反戦大集会(ワシントンに20万人)
  • ドル・ショック(円、変動相場制へ移行)
  • 沖縄返還協定調印
  • 日清食品「カップヌードル」発売
  • 新著作権法施行、1899年制定を全面改訂
  • 長大作、松村勝男、水之江忠臣、粟辻博、第17回毎日産業デザイン賞

1970

  • 「日航ジャンボのデザイン・ポリシー」
 

日本万国博覧会開催(大阪)

1970

 
  • ビートルズ解散
  • 公害問題表面化、東京に大気汚染公害がおこる
  • 政府調査、国民の90%までが中流意識
  • この頃から工業製品の使い捨て流行
  • アジア初の万博、日本万国博覧会[大阪府吹田市千里丘陵]開催。テーマ「人類の進歩と調和」、万博美術館設計=川崎清、デザイン顧問=勝見勝、 シンボルゾーン=丹下健三、太陽の塔=岡本太郎
  • 石井幹子、福田繁雄、第16回毎日産業デザイン賞

1969

  • 「’69世界のグッドデザイン展—グローバルアイ」
 

米アポロが月面着陸

1969

  • 坂倉準三 没
  • 米のアポロ11号、12号(NASA)、はじめて人類が月面着陸
  • IDEO設立(英)
  • 日本のGNP、アメリカに次ぎ世界2位
  • ソニーと松下電器、各独立に家庭用VTR開発(ベータ、VHS方式)
  • 服部セイコー発のクォーツ腕時計発売
  • ヴィッテル社がプラスチックボトル発売(仏)
  • ソットサス+ペリー・キング「ヴァレンタイン・タイプライター」(オリベッティ社/伊)
  • 新著作権法施行、1899年制定を全面改訂
  • 伊勢丹研究所ID研究室、第15回毎日産業デザイン賞

1968

  • 「グッドデザイン展’68—デザイン フォア リビング」
  • 粟辻博・長大作・磯崎新・岩崎信治・水之江忠臣・杉浦康平・篠原一男 参加

1968

  • 粟辻博 参加
  • 長大作 参加
  • 磯崎新 参加
  • 岩崎信治 参加
  • 水之江忠臣 参加
  • 杉浦康平 参加
  • 篠原一男 参加
  • ウルム造形大学閉校(独)
  • スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」(米)
  • 電電公社、ポケットベル営業開始
  • 文化庁発足
  • 本田技研工業、第14回毎日産業デザイン賞

1967

  • 「ドイツデザイン展」
  • 毎日産業デザイン特別賞を受賞:国際、国内にわたる15年間の運動に対して

1967

  • 毎日産業デザイン特別賞を受賞(日本デザインコミッティ−の国際・国内にわたる15年間の運動に対して)
  • 篠原一男 参加
  • ヨーロッパ共同体(EC)発足
  • 映像万博モントリオール博開催(カナダ)
  • サイケデリック、LSDなど世界で流行
  • 昭和元禄
  • ナショナル花柄つき卓上ポット発売(家電の花柄ブーム)
  • Qデザイナーズ(代表・渡辺力)、伊藤隆道、第13回毎日産業デザイン賞

1966

  • 「オリベッティのオフィス」
  • 小池岩太郎・高橋正人 参加

ビートルズ来日

1966

  • グッドデザインコーナー札幌池内百貨店廃止
  • 小池岩太郎 参加
  • 高橋正人 参加
  • ビートルズ来日
  • 中国で文化大革命始まる
  • 米カリフォルニアにヒッピー・コミューン出現
  • 景気上昇(いざなぎ景気)
  • トヨタ「カローラ」発売
  • グラフィックデザイン展「ペルソナ」、第12回毎日産業デザイン賞

1965

  • 「京物展—デザインのふるさと」
  • 森正洋 参加

ストックホルムにIKEA第1号店

1965

  • 森正洋 参加
  • 米、北ベトナム爆撃開始、ベトナム戦争激化
  • ストックホルムにIKEA第1号店(スウェーデン)
  • この頃から「三C時代」(新三種の神器):Car/ColorTV/Cooler
  • 製品デザインに3つの流行:家具的処理、ジャパニーズ・モダン調、絵画的パターン(冷蔵庫のドアにも)
  • 日本サイン・デザイナー協会設立
  • 伊藤憲治、第11回毎日産業デザイン賞

1964

  • 「私の好きなデザイン」
  • デザインギャラリー開設(運営委員:浜口隆一・勝見勝・亀倉雄策)

1964

  • デザインギャラリー開設(運営委員:浜口隆一・勝見勝・亀倉雄策)
  • マリー・クワント、ロンドンでミニ・スカートを発表
  • 東海道新幹線開業(東京〜大阪間)
  • 首都高速道路開通
  • 初の営業モノレール、東京モノレール開業(浜松町・羽田空港間)
  • 第18回東京オリンピック開催:案内標識のピクトグラム・デザイン実施(デザインディレクター 勝見勝、国立競技場設計 丹下健三ほか)
  • 株式会社天童木工、第10回毎日産業デザイン賞

1963

  •  
  • 日本デザインコミッティー(JAPAN DESIGN COMITTEE)と改称

1962

  • 「グッドデザイン展’62開催」
 

ブラウン、電気シェーバー

1961

  • 「グッドデザイン展’61開催」
 

ミラノ国際家具見本市始まる

1960

  • 「開催第1回新しい日本のグッドデザイン展」
  • グッドデザインカタログ発行

第1回グッドデザイン賞

1959

  •  
  • 世界デザイン会議の準備委員会発足:コミッティーのメンバーが中心となる

1958

  •  
 

日本インテリアデザイナー協会

1957

  •  
  • ミラノ・トリエンナーレ正式初参加:茶道具、陶磁器など出品

1956

  • 「グッドデザイン展」
 

日本、国連に加盟

1955

  •  
  • グッドデザイン・コーナー設置

「神武景気」

1954

  •  

設立趣旨を海外に紹介するパンフレットを作成

1953

  • 国際デザインコミッティー(Japan Committee on International Design)設立
 

産業工芸試験所、衣装近代化研究開始。「近代日本調デザイン(ジャパニーズモダン)」スタイルの研究が「ジャポニカ論争」を引き起こす

デザイン学会設立(61年、日本デザイン学会と改称)

日本流行色協会結成

渡辺力「ひも椅子」

サムソナイトのスーツケース登場(米)