JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

back

back

back

next

next

next

next

back

back

next

next

next

須藤玲子 Sudo Reiko
テキスタイルデザイナー

プロフィール

茨城県生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科デキスタイル研究室助手を経て、株式会社「布」の設立に参加。
現在取締役デザインディレクター。英国UCA芸術大学より名誉修士号授与。東京造形大学教授。
2008年より良品計画のファブリック企画開発、2009年より株式会社アズのテキスタイルデザインに携わる。
毎日デザイン賞、ロスコー賞、JID部門賞等受賞。
日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、新しいデキスタイルづくりをおこなう。
作品は国内外で高い評価を得ており、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、ビクトリア&アルバート美術館、東京国立近代美術館工芸館等に永久保存されている。
代表作にマンダリンオリエンタル東京、東京アメリカンクラブのテキスタイルデザインがある。

デザインに対する想い

「素材への挑戦」
私がデザインするテキスタイルは、人間の生活に最も近い素材です。毎日まとう服の素材として、住居の身の廻りの素材として、人に最も寄り添う素材です。そして、どんな時代にあっても、どんな環境にあっても必要な素材です。テキスタイルを巡っては、人間が高分子(ポリマー)を発見してから100年あまり経ちます。その間、時代は高性能素材と高機能素材の開発に多くのエネルギーを費やしてきました。そして消費社会の熟成と共に、大量生産、使い捨てが当たり前の時代に至っています。そうした時代にあって、素材として生産され、消費されてゆくテキスタイルでは無く、人に感動を与えることができるテキスタイルをデザインしたいと考えています。

1993|羽オーガンジー1
1994|錆染め2
2000|アマテ3
2002|かご細工4
2003|ティギー5
2004|布つなぎ6
2004|たなばた7
2006|きぬがさだけ8
2006|産毛9
2008|スイング・□10
2010|折り紙織11