JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

back

back

back

next

next

next

next

back

back

next

next

next

三谷龍二 Ryuji Mitani
木工作家

プロフィール

1952年福井市生まれ
1981年松本市に工房PERSONA STUDIOを設立。
陶磁器のような普段使いの木の器を作り、それまで家具中心だった木工に、新たな分野を開く。木の器展多数。

木工以外の活動
日用品に共通する生活者への低い目線で、絵画や立体作品も制作する。生活誌『住む』の連載や、『朗読者』(新潮社)などの装丁。
2010年 小川美術館で絵画展。
1985〜2011年 「クラフトフェアまつもと」「工芸の五月」(松本市)の発足より運営に参加。以後暮らしと工芸を結ぶ活動を続ける。
2011年 ギャラリー10cm(松本市)を開店
2012年 「瀬戸内生活工芸祭」(香川県高松市)総合ディレクター

著書
『木の匙』[僕の生活散歩](新潮社)
『遠くの町と手と仕事』『道具の足跡(共同編集)』(アノニマスタジオ)
『三谷龍二の木の器』(アトリエ・ヴィ)
『三谷龍二の10cm』(PHPエディターズ・グループ)

デザインに対する想い

家を作ろうとした時、作品を作る建築家や、商品を作るハウスメーカーには出会えるが、できればその中間の、センスのいい大工さんのようなひとと一緒に作りたい、などと思う。生活道具においても、工芸作品と量産品の中間のようなもの。作りすぎのものはいやだが、かといって粗雑も困るので、その中間のものをいつも探しているようなところがある。でも、探すといっても特別なものを求めているわけではない。ただ普通に、正直につくられたもの。素材や仕上げを吟味し、過不足ない丁寧な仕事がしてあり、かたちが美しい日用品、というものだが、これがなかなか見つからない。思うに、これはデザインが暮らしの実感と離れてしまっているせいではないだろうか。作品としてのデザイン、あるいは商品としてのデザインはあふれるほどあるが、それぞれの都合が勝って、どこかで生活者の実感が置き去りにされているように感じる。デザインは、人の暮らしがすこしでも幸福になれば、と考えることなのだから、そんな生活品を作りたいと思うのである。

2010|十字皿1
2008|バット2
2005|白漆鎬片口3
1997|インセンスケース4
1986|ベビーズボウルとスプーン5
1984|バターケース6