JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

三澤遥 Haruka Misawa
デザイナー

プロフィール

1982年群馬県生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、デザインオフィスnendoを経て、2009年より日本デザインセンター原デザイン研究所に所属。2014年より三澤デザイン研究室として活動開始。ものごとの奥に潜む原理を観察し、そこから引き出した未知の可能性を視覚化する試みを、実験的なアプローチによって続けている。主な仕事に、水中環境をあらたな風景に再構築した「waterscape」、飛行する紙のかたちを研究する「散華プロジェクト」、takeo paper show 2018「precision」への出品作「動紙」、上野動物園の知られざる魅力をビジュアル化した「UENO PLANET」、ロゴの自在な展開性を追究したKITTEやTOKYO BIG SIGHTのVIがある。2019毎日デザイン賞受賞。著書に『waterscape』(出版:X-Knowledge)がある。

デザインに対する想い

なんてことないものにこそ、目を向ける。誰も見向きもしない些細なことが、デザインにおいては最も注視すべきことだったりする。当たり前にあるものを疑ってみる。検証してみる。実験してみる。それらはすべて、可能性を膨らませるための行為である。世の中は断定できるものごとばかりではないし、説明できない不確定なことのほうが圧倒的に多い。知らないからこそ、つくり続け、考え続け、学び続ける。地球の果てまで行かなくても、未知はあちこちに在る。その気づきが些細で身近であればあるほど、私は嬉しい。知らないことは、とても豊かだ。知らないことだらけだから、今日もせっせとデザインをする。

2015|UENO PLANET
2018|waterscape Photo: Masayuki HAYASHI
2018|興福寺中金堂落慶法要散華「まわり花」 Photo: Hideaki HAMADA
2018|続々 三澤遥 Photo: Jumpei KATO
2018|Form of Gravity Photo: Masayuki HAYASHI
2018|動紙 Photo: Masayuki HAYASHI
2014|紙の花 Photo: Takashi SEKIGUCHI (amanagroup)