JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

back

back

back

next

next

next

next

back

back

next

next

next

平野敬子 Keiko Hirano
デザイナー

プロフィール

1959年兵庫県生まれ。1997年にHIRANO STUDIO設立。デザインにより最良のコミュニケーションをうむことを理想とし、2005年に工藤青石とともに、コミュニケーションデザイン研究所を設立。東京国立近代美術館のシンボルマーク、ロゴタイプ、VI計画。資生堂のブランドqiora(キオラ)の米国導入に於けるVI計画、広告、website等トータルアートディレクション。NTTドコモ「F702iD 所作」のプロダクトデザイン、ネーミング、web、広告、CF等トータルアートディレクション。小沢健二のCDジャケットデザイン。展覧会「時代のアイコン」展、「デザインの理念と実践」展の企画、構成、会場デザイン、同タイトルの書籍の著作・編纂。鹿島建設カレンダー等。毎日デザイン賞。ドイツIFデザイン賞。東京ADC賞。NY ADC賞金賞。全国カレンダー展文部科学大臣奨励賞、経済産業省商務情報政策局長賞等受賞多数。

デザインに対する想い

デザインにとって、経済活動は中心的な課題ではない。
経済至上主義が過ぎると、人の心が荒廃していくことを
すでに我々は経験し、知っている。
言行に矛盾があってはいけない。
嘘があってはいけない。
欲望の温床になってはならない。
尊厳を保ち
他者への敬意は忘れず
心空しく
デザインの思想が介在することで
より良い生活につながることにひたすら向かう。
「周囲との調和」を計ることは
「環境の美観を損なわないこと」に繋がる。
デザイナーが描く
具体的なビジョンや理想は
求心力となり
分散している技術や能力をひとつに束ねる。
優秀な技術者たちは具体的目標が設定され
更には、それが高次元であればあるほど
自らに課せられた責務に集中することができる。
大切なことは動機の問題である。
自己修正は怠らず
理想と技術を繋ぎ
有益なシステムを構築し
人間精神の実りに貢献することが
デザイナーの責務であると確信している。

資生堂 qiora ブランディング / 2000-2005
展覧会「デザインの起点と終点と起点」 / 2008
デスクカレンダー DESIGNPiece_01 "wave motion"/ 2007-
書籍「White Book ̶ 思考の言語化の記録」 /2008
NTT ドコモ F702iD Shosa / 2006
日本酒「黒松白鹿」デザインボトル / 2010
東京国立近代美術館シンボルマーク&VI計画 2001-
紙くず箱 / 2004
竹尾の紙「ルミネッセンス」の開発ディレクション / 2004
展覧会「時代のアイコン」/ 2004
書籍「時代のアイコン」/ 2004
展覧会「デザインの理念と実践」2003
書籍「デザインの理念と実践」2003
書籍「グラフィックデザイナーの肖像」 / 2009