JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

back

深澤直人

原研哉

平野敬子

伊藤隆道

柏木博

川上元美

喜多俊之

北川原温

小泉誠

隈研吾

黒川雅之

松本哲夫

松永真

面出薫

三谷龍二

永井一史

永井一正

内藤廣

新見隆

佐藤卓

柴田文江

須藤玲子

鈴木康広

田川欣哉

田中俊行

原研哉

平野敬子

伊藤隆道

柏木博

川上元美

喜多俊之

北川原温

小泉誠

隈研吾

黒川雅之

松本哲夫

松永真

面出薫

三谷龍二

永井一史

永井一正

内藤廣

新見隆

佐藤卓

柴田文江

須藤玲子

鈴木康広

田川欣哉

田中俊行

山中俊治

next

隈研吾 Kengo Kuma
建築家

プロフィール

1954年横浜生まれ。1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞、同年「水/ガラス」でアメリカ建築家協会ベネディクタス賞受賞。2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンランドよりスピリット・オブ・ネイチャー 国際木の建築賞受賞。2010年「根津美術館」で毎日芸術賞受賞。近作にサントリー美術館、根津美術館。著書に「自然な建築」(岩波新書)「負ける建築」(岩波書店)「新・都市論TOKYO」(集英社新書)

デザインに対する想い

「負ける建築」という本を書いて、負けるデザインという事を、ここ5年ほど考えてきたが、ここにきて、呼吸するデザインという事を考えはじめている。環境や与条件に負ける、受動性のデザインとはいつでも、実際には「負けた」形で、デザインは固定されるわけで、環境や与条件が将来変わったら、この固定されたものは、かえって環境を圧倒し、「勝って」しまうかもしれない。環境に対して、呼吸するようにしなやかに反応するデザインはできないだろうか。その時そのしなやかさの程度が一番の問題である。

2006|ちょっ蔵広場
2002|Great(Bamboo)Wall
根津美術館
2000|馬頭町広重美術館
1995|水ガラス
2007|サントリー美術館
グラナダ・パフォーミング・アーツ・センター
2007|ブザンソン文化芸術センター
2000|石の美術館
マルセイユ現代芸術センター
梼原 木橋ミュージアム
V&A at Dundee