JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

隈研吾 Kengo Kuma
建築家

プロフィール

建築家、東京大学教授。1954年生。1979年、東京大学大学院建築学専攻修了。1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立。慶應義塾大学教授を経て、2009年より現職。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞、2010年「根津美術館」で毎日芸術賞、その他、国内外からの受賞多数。近作に、サントリー美術館、浅草文化観光センター、アオーレ長岡、歌舞伎座、ブザンソン芸術文化センター、FRACマルセイユ、V&A Dundee等があり、国内外で多数のプロジェクトが進行中。新国立競技場の設計にも携わる。著書に『自然な建築』(岩波新書)、『小さな建築』(岩波新書)、『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)、『広場』(淡交社)、『場所原論』(I、II)等。

デザインに対する想い

「負ける建築」という本を書いて、負けるデザインという事を、ここ5年ほど考えてきたが、ここにきて、呼吸するデザインという事を考えはじめている。環境や与条件に負ける、受動性のデザインとはいつでも、実際には「負けた」形で、デザインは固定されるわけで、環境や与条件が将来変わったら、この固定されたものは、かえって環境を圧倒し、「勝って」しまうかもしれない。環境に対して、呼吸するようにしなやかに反応するデザインはできないだろうか。その時そのしなやかさの程度が一番の問題である。

2006|ちょっ蔵広場
2002|Great(Bamboo)Wall
根津美術館
2000|馬頭町広重美術館
1995|水ガラス
2007|サントリー美術館
グラナダ・パフォーミング・アーツ・センター
2007|ブザンソン文化芸術センター
2000|石の美術館
マルセイユ現代芸術センター
梼原 木橋ミュージアム
V&A at Dundee