JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

back

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

next

back

back

back

next

next

next

next

back

back

next

next

next

新見隆 Ryu Niimi
キュレーター

プロフィール

1958年広島県生まれ、慶応義塾大学卒。武蔵野美術大学芸術文化学科教授。専門はデザイン史・美術館論。フリーランス・キュレーター。美術・デザイン評論家。香川県牟礼町のイサム・ノグチ庭園美術館学芸顧問。ギャラリー冊、顧問・キュレーター。
1999年2月まで、西武美術館・セゾン美術館の学芸員として、「バウハウス1919--1933」(1995)、「イサム・ノグチと北大路魯山人」(1996)、「デ・ステイル1917--1932」(1997)、「柳宗理のデザイン」(1998)などを企画。「その日に、7年後、77年後--震災と芸術」(川崎市岡本太郎美術館/2000)、「表層を超えて--日本的ものづくりの手法」(国際交流基金主催、シンガポール美術館、マニラ・アート・センター/2003)のゲスト・キュレーター。 主著に、『空間のジャポニズム』(INAX/1992)、『モダニズムの庭園と建築をめぐる断章』(淡交社/2000)。作家としての活動には、箱の個展、児玉画廊(1994)、銀座コマツ(1995)、箱・コラージュ・人形の個展(文房堂ギャラリー/2000)、学生たちとの人形展(ギャラリー現/2000)、人形と食のスケッチ(AKI-EXギャラリー/2002)、学生との、人形たちの庭(AKI-EXギャラリー/2004)、学生たちとの、花、人形の庭(ギャラリー冊/2006)、などがある。