JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

深澤直人 Naoto Fukasawa
プロダクトデザイナー

プロフィール

1956年山梨県生まれ。1980年多摩美術大学プロダクトデザイン科卒業。1989年渡米しデザインコンサルティング会社IDEO(サンフランシスコ)で8年勤務後帰国、IDEO東京支社を設立。2003年に独立しNaoto Fukasawa Design設立。「MUJI」CDプレーヤー、「±0」加湿器、「au/KDDI」INFOBAR、neonはN.Y.MOMA永久収蔵品に。B&B ITALIA、Driade、Magis、Artemide、Danese、Boffi、Vitraをはじめ、ドイツ、北欧など国内外の大手メーカーとのプロダクトを進行中。iF金賞(ドイツ)、red dot design award、D&AD賞(英国)、IDEA(米国)、毎日デザイン賞、Gマーク金賞、第5回織部賞など受賞歴は50を超える。2005年JasperMorrisonとともに「SuperNormal」を設立。無印良品のデザインアドバイザリーボード。21_21 DESIGN SIGHTのディレクター。2007年Vitra Editionに参加。武蔵野美術大学教授、多摩美術大学客員教授。2010-2011年度グッドデザイン賞審査委員長。著書に「デザインの輪郭」(TOTO出版)、共著書「デザインの生態学」(東京書籍)、作品集「NAOTO FUKASAWA」(Phaidon)。

デザインに対する想い

デザインはものを生活の中に、そして人の行為に溶け込ませるということだ。今ここに存在するものと人の関係における違和感を取り除き、自然に馴染ませるというのがデザインの仕事です。デザインは人に刺激を与えるものであると長い間いわれ続けてきたし、それは間違いではないが、むしろ強くものを意識せず自然な感じでそこに存在するということの方が大切なのではないか、ということを皆が感じてきているのは事実である。デザインは、何が人とものと環境の良い関係なのかということを見つけ出し、具体化するということにつきる。その関わり方の良さが、強く自覚はしないが、小さな幸せを生む。それが感覚の平和である。平和とは何かの大それた達成の結果として得られるのではなく、日々を丁寧に生き、その質を高めていくということなのです。

2019|ITSUMO ALESSI Photo Matteo Imbriani
2018|Elements of Life 生活分子系列 TAOBAO Choice, ALIBABA Image courtesy of TAOBAO Choice
2008|LAMY noto LAMY Photo Hidetoyo Sasaki
2009|Grande Papilio, Armchair and Ottoman B&B ITALIA Image courtesy of B&B Italia
2012|Demetra Artemide Image courtesy of Artemide
2008|HIROSHIMA Arm Chiar maruni Photo Yoneo Kawabe
1999|Wall mounted CD Player MUJI Photo Tamotsu Fujii
2018|Refrigerator, prototype Haier Image Naoto Fukasawa Design
2005|TWELVE / ISSEY MIYAKE / SEIKO WATCH ©Seiko Watch Corporation
2003|INFOBAR au (KDDI) Image courtesy of KDDI
2006|Hair Dryer 'nanocare' Panasonic Photo Hidetoyo Sasaki
2017|Hard Carry Bag MUJI Image courtesy of Ryohin Keikaku (MUJI)
2006|Toilet, 'A・La・Uno' Panasonic Photo Akihiro Ito / un (amana group)
2017|HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE / DAIKANYAMA ISSEY MIYAKE Photo Masaya Yoshimura (Copist) ©ISSEY MIYAKE INC.
2019|GACHA MUJI Photo Tamotsu Fujii