JAPAN DESIGN COMMITTEE

メンバー

back

深澤直人

原研哉

平野敬子

伊藤隆道

柏木博

川上元美

喜多俊之

北川原温

小泉誠

隈研吾

黒川雅之

松本哲夫

松永真

面出薫

三谷龍二

永井一史

永井一正

内藤廣

新見隆

佐藤卓

柴田文江

須藤玲子

鈴木康広

田川欣哉

田中俊行

原研哉

平野敬子

伊藤隆道

柏木博

川上元美

喜多俊之

北川原温

小泉誠

隈研吾

黒川雅之

松本哲夫

松永真

面出薫

三谷龍二

永井一史

永井一正

内藤廣

新見隆

佐藤卓

柴田文江

須藤玲子

鈴木康広

田川欣哉

田中俊行

山中俊治

next

菊竹清訓 Kiyonori Kikutake
建築家

プロフィール

1928年 福岡県久留米市に生まれる
1950年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1953年 菊竹清訓建築設計事務所開設
1958年 自邸「スカイハウス」を計画
1959年 「海上都市」「塔状都市」を「国際建築」誌上に発表
1963年 設計仮説<か*かた*かたち>の方法論を発表
1964年 「出雲大社庁の舎」の設計により、第15回日本建築学会賞、第14回芸術選奨文部大臣賞、第7回汎太平洋賞(AIA)、の各賞を受賞
1970年 日本建築学会特別賞
1978年 第8回オーギュスト・ペレー賞作品部門・方法論部門
2000年 ユーゴスラヴィア・ビエンナーレで「今世紀を創った世界建築家100人」の一人に選出される。
2006年 早稲田大学芸術功労者賞受賞、春の叙勲「旭日中綬賞」受章
2007年 第1回日本建築栄誉賞(日本建築士会連合会より)-建築文化への功績

デザインに対する想い

そのステップには3段階あると思う。ひとつは、形や色の美しさで、その美しさへの執着が人々の心を豊かにする。ひとつは、それらを支える確かな腕や技術であり、良心をもった産業である。さらに、ある時は伝統に支えられ、またある時は未来への夢に導かれた思いに続く。そういう実に面白く楽しい領域が、デザインである。
誰もが共通に分かるデザインを通して、社会に拡がり、文化として世界に伝播する。そこに文明との違いがあって、それには数百年もの長い年月が必要となる。文明は、最先端の新しいものがダイレクトに受け入れられるが、文化は、人と人との関係の中で、じっくり同化され馴染んでいくので、時間がかかる。新しいものと古いもの、地域の異なるものと似ているものなどが相互に関係づけられ、やがて魅力あるデザインが出現する。これがデザインの面白さだと思っている。

1963|出雲大社庁の舎
2004|九州国立博物館
1966|都城市民会館
2006|Republic
1975|アクアポリス
2005|愛知万博マスタープラン
1958|スカイハウス
1958|海上都市