JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第759回デザインギャラリー1953企画展「工芸批評」

2019年9月24日

この度、日本デザインコミッティーでは、第759回デザインギャラリー1953企画展として、「工芸批評」を開催の運びとなりました。

本企画は、メンバーで木工作家の三谷龍二によるものですが、ライター、編集者、哲学者、工芸店店主など、作り手ではない立ち位置の方々5氏による、工芸へ寄せる眼差しをテーマにしています。
各氏の評価する、あるいは出来る工芸作品を展示物とし、その物に対しての思いをテキストにまとめご紹介いたします。
また、この企画が契機となって出版される書籍「工芸批評」も合わせ販売いたします。

展覧会監修 三谷龍二からのメッセージ

デザイン批評や広告批評があるように、工芸批評があっていいと思ってきました。しかしここ数年、工芸に関する発言が活発になり、工芸と社会の接続点や、近代工芸の再検証が進んでいます。本展は5人の論客により明日の工芸を、[もの]と[言葉]によって考えるものです。

展覧会概略

  • タイトル:第759回 デザインギャラリー1953企画展「工芸批評」
  • 会期:2019年10月9日(水)~11月6日(水)最終日午後5時閉場・入場無料
  • 会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 出品者:井出幸亮(『Subsequence』編集長)、鞍田崇(哲学者)、菅野康晴(『工芸青花』編集長)、高木崇雄(「工藝風向」代表)、広瀬一郎(「桃居」店主)敬称略
  • 監修:三谷龍二

◎開催時間等については、松屋銀座のWebサイトにて、営業日・営業時間をご参照ください。

デザインサロントーク

展覧会開催に併せ、出品者によるデザインサロントークを開催いたします。

  • 日時:10月9日(水)
    第一回 17:00〜18:00 出演:菅野康晴、広瀬一郎、三谷龍二
    第二回 18:00〜19:00 出演:井出幸亮、菅野康晴、高木崇雄
  • 会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  • 参加費:無料
  • 申し込み:不要
  • 定員:着席可能20名程度

◎人数の多い場合はお立ち見になりますので、予めご了承ください。
◎開催時間10分前より会場へのご案内をいたします。

関連販売

  • ① 10月9日(水)― 10月15日(火) 最終日午後7時閉場
  • 会場:松屋銀座7階 デザインコレクション
  • 出品者:工藝風向、桃居
  • ② 10月30日(水)― 11月5日(火) 最終日午後7時閉場
  • 会場:松屋銀座7階 デザインコレクション
  • 出品者:工藝風向、桃居

第759回デザインギャラリー1953企画展「工芸批評」

Committee Member