JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第758回デザインギャラリー1953企画展「INGO MAURER 詩情とハイテック」

2019年8月22日

この度、日本デザインコミッティーでは、第758回デザインギャラリー1953企画展として、「INGO MAURER(インゴマウラー)詩情とハイテック」を開催いたします。

本企画展は、「光の詩人」と賞賛されるインゴマウラーの仕事を紹介する展覧会です。インゴマウラーは、1932年ドイツ生まれ、1966年には、自身のデザインスタジオを開設し、初めての作品「Bulb」を発表、以来、情感たっぷりとアーティスティックで美しく、機能的なデザイン。時にはユーモラスなデザインで50年以上もの間、世界中の人々を魅了続けています。

本企画展は、照明デザイナー・面出薫氏が起案・ディレクションし、Ingo Maurer社が賛同・協力して実現しました。本展では、1966年に最初の作品として発表した「Bulb」、代表作のワイヤー照明「YaYaHo」、そして4月のEuroluceで発表したばかりの新作「La Festa delle Farfalle」がご覧になれるほか、マウラー氏の光に対する思いを垣間見ることができる企画内容となっております。

展覧会概略

  • タイトル:第758回デザインギャラリー1953企画展「INGO MAURER 詩情とハイテック」
  • 会期:2019年9月11日(水)〜10月7日(月)最終日午後5時閉場・入場無料
  • 会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 協力:Ingo Maurer GmbH / スタジオノイ株式会社
  • 会場構成・グラフィックス:中村将大
  • 展覧会担当:面出薫

◎開催時間等については、松屋銀座のWebサイトにて、営業日・営業時間をご参照ください。

デザインサロントーク

展覧会開催に併せ、関係者によるデザインサロントークを開催します。

◎人数の多い場合はお立ち見になりますので、予めご了承ください。
◎開催時間10分前より会場へのご案内をいたします。

第758回デザインギャラリー1953企画展「INGO MAURER 詩情とハイテック」

Committee Member