JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第719回デザインギャラリー1953企画展
「Tango Twist - 糸と織のリズム」

2015年9月24日

この度、日本デザインコミッティーでは、第719回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「Tango Twist-糸と織のリズム」を開催いたします。
丹後ちりめんは、京都府北部の丹後地方の地場産業として、シボが特徴的な織物を産出し、多くの人々に愛されています。産業の興りは、今から江戸時代に遡ります。絹糸に独特の撚りを施すことで、凹凸の美しい織物が出来上がります。その多くは、白生地として、京都の友禅染や洋服生地などに活用されてゆきますが、長い時間をかけて技術力を高め、洗練されて いったテキスタイルは、国内外のデザイナーから刺激を受け、新しい挑戦を始めました。本展では、丹後地方で生産を続けている8社とテキスタイルデザイナーの須藤玲子が選んだ、 丹後ちりめん各種(約16種類)をご覧いただきます。また、出品する8社各社の制作現場やそこに働く人々を写真家・市川明のカメラが捉えた多数の写真も展示いたします。写真を通し、丹後ちりめんの今を感じ取っていただけることと思います。

展覧会担当 須藤玲子からのメッセージ

300年の伝統を保ち、世界中の人々を魅了する海の京都、丹後地区。今も絹織物に1000軒近くが関わっています。丹後の布地は糸づくりが特徴。藤、和紙、螺鈿、箔、など伝統工芸と関わる素材を用いた糸もあります。また丹後の布地は、糸を強く撚って織るので、布地に独特のリズム感があります。リズムの布地、どうぞご高覧下さい。

展覧会概略

  • タイトル:第719回デザインギャラリー1953企画展
    「Tango Twist - 糸と織のリズム」
  • 会期:2015年10月14日(水)〜11月9日(月)午前10時〜午後8時・最終日午後5時閉場・入場無料
  • 会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 協賛:丹後織物工業組合、丹後ファッションウィーク開催委員会
  • 協力:株式会社布、株式会社菱健
  • 展覧会担当:須藤玲子
  • 出品者:株式会社一色テキスタイル、柴田織物、創作工房糸あそび、民谷螺鈿株式会社、田勇機業株式会社、宮眞株式会社、安田織物株式会社、遊絲舎
  • 写真:市川 明

第52回デザインサロントーク

  • 日時:2015年10月14日(水)午後5時〜6時
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 出演:田茂井勇人(田勇機業株式会社 代表取締役)、安田章二(安田織物株式会社 代表取締役)、須藤玲子(テキスタイルデザイナー)
  • 参加費:無料
  • 申し込み:不要
  • 定員:着席可能20名程度

第719回デザインギャラリー1953企画展<br />「Tango Twist - 糸と織のリズム」

第719回デザインギャラリー1953企画展<br />「Tango Twist - 糸と織のリズム」

Committee Member