JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第700回デザインギャラリー1953企画展
「日本デザインコミッティーフォント展」

2013年12月 4日

この度、日本デザインコミッティーでは、第700回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「日本デザインコミッティーフォント展」を開催いたします。
私ども日本デザインコミッティーの発足は、今から60年前の1953年に遡りますが、「デザインの啓蒙」を旗印とし、さまざまな活動を行ってきました。これまでの活動の内容を象徴的に表すため、サインやロゴなどは、常にメンバーたちが手がけてまいりました。
日本デザインコミッティーのロゴデザインについてもそれは同様で、これまで河野鷹思、亀倉雄策などがデザインしてきましたが、21世紀に入り、メンバーでグラフィックデザイナーの佐藤卓により一新されました。
一昨年より、このロゴを書体化しようという動きがデザインコミッティー内に起こり、2年をかけて欧文書体として完成させました。
2014年のスタートを切るデザインギャラリー1953は、節目となる700回を迎えます。その記念を祝う意味を込めて、完成した書体をお披露目することになりました。
展覧会では、佐藤卓のディレクションにより、書体のコンセプトや開発のプロセスなどを展開いたします。
また、会期中、書体制作に関わった関係者によるデザインサロントークも開催いたします。

展覧会によせて

日本デザインコミッティーが発足して以来はじめて、本格的なコミッティーオリジナル欧文書体をつくりました。そしてこの度、日本デザインコミッティーフォントとして、松屋7階デザインギャラリー1953で発表いたします。この書体は、世界で広く使用されることを前提に制作したものです。新しく銀座で生まれた欧文書体の世界を、どうぞご覧ください。
展覧会企画:佐藤 卓

展覧会概略

  • タイトル:第700回デザインギャラリー1953企画展「日本デザインコミッティーフォント展」
  • 会期:2013年12月27日(金)〜2014年1月27日(月)最終日午後5時閉場・入場無料
  • 会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 書体デザイン:佐藤卓
  • 書体制作協力:両見英世
  • 展覧会企画:佐藤卓
  • 協力:エスビー食品株式会社

デザインサロントーク

第700回デザインギャラリー1953企画展「日本デザインコミッティーフォント展」開催に併せ、デザインサロントークを開催いたします。

詳細につきましては、このWebサイトまたはTwitterにてお知らせいたします。

第700回デザインギャラリー1953企画展<br />「日本デザインコミッティーフォント展」

第700回デザインギャラリー1953企画展<br />「日本デザインコミッティーフォント展」

第700回デザインギャラリー1953企画展<br />「日本デザインコミッティーフォント展」

Committee Member