JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

「旭川の木仕事」で展示中の "SORAHE" を販売します。

2012年3月 6日

第682回デザインギャラリー1953企画展「旭川の木仕事」で展示中の
“SORAHE” を販売します。

価格:¥135,450(税込)
素材:オーク(ブラック)

ご希望のお客様は、松屋・デザインコレクションまでお問合せ下さい。
tel. 03-3567-1211(代表)

◎写真は棚の使用例です。棚のみの販売となります。


『SORAHE 』(ソラヘ)はIFDA2005においてのゴールドリーフ賞受賞作品です。IFDA(国際家具デザインフェア旭川)は1990年より3年に一度開催されている家具のコンペティションです。2005年に第6回目が開催され日本人による初めてのゴールドリーフ賞の受賞となりました。旭川の木工制作会社、メーベルトーコーが量産化に取り組み約1年間の開発期間を経て商品化しました。

『樹木はもちろん、建築や信号機のポールなど縦に伸びる物は先が細く狭い』この棚はデザイナーの桐本氏がローマの街並みを歩いていて、レンガ造りの建物の壁が必ず内転び(上の方が内側に傾く)になっていることにヒントを得てデザインされました。『棚』をよく観察し重力と言う自然現象を重ね合わせ『棚』しか持ち得ない美を追求した結果です。人工の物でも、それしか持ち得ない自然美があり、例えどのような物であれ、その可能性を秘めているのです。成型合板で出来た支柱は次第に細く、棚板は薄く『棚』の幅や奥行も上にいくにつれて狭くなっていき、丁度自然の樹木に似ています。金属では良く見る形状の棚であるが、木工では非常な困難が伴う構造物である。

SORAHEはニュークラシックアワードを受賞しました。アジアのミニマリズム・シェルフ『そらへ』と言う名の通り上に向かって徐々に細くなる繊細な構造。

ニュークラシックアワードとはヨーロッパを代表するインテリア誌、シェーナボーネンが主催する賞で、流行だけではなく市場から長期的、普遍的に受け入れられるであろう作品に贈られる名誉ある賞です。SOHAREは2007年、ニュークラシックアワード歴代優秀作品デザイン群に名を連ね、業界内外に強力に認知されました。

株式会社メーベルトーコー「SORAHE」解説文より

「旭川の木仕事」で展示中の

Committee Member