JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第618回デザインギャラリー1953「生命の囁き 永井一正・エッチング展」

2005年8月17日

永井一正が描き出す線描に触れると、感覚の奥底を透明な針で縫われたような気持ちになる。あらゆる技巧を回避した線描はすんなりと心の深部を刺す。そんな永井一正の線が何千、何万と、銅板のうえで発酵を始めた。僕らはもはや息を止めてこの現象を見つめるしかない。(原研哉)

展覧会概略

  • タイトル:第618回デザインギャラリー1953「生命の囁き 永井一正・エッチング展」
  • 会期:2005年8月17日〜9月12日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:原研哉
  • 後援:富山県立近代美術館

第618回デザインギャラリー1953「生命の囁き 永井一正・エッチング展」

第618回デザインギャラリー1953「生命の囁き 永井一正・エッチング展」

Committee Member