JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第607回デザインギャラリー1953「デザインによる解決 --Suica改札機のわずかな傾き」

2004年7月21日

JRの無線改札システム"Suica"十数年に及ぶ開発において、プロダクトデザイナー山中俊治の参画が重要なターニングポイントであった。かたちがもたらす心理的な効果について実験と観察を繰り返し、そして導かれた解答が実用化の要となった。今回の展覧会では山中の研究のプロセスをご覧頂きたい。会場にはJR東日本の協力によりSuicaの実機も登場する。(平野敬子)

展覧会概略

  • タイトル:第607回デザインギャラリー1953「デザインによる解決 --Suica改札機のわずかな傾き」
  • 会期:2004年7月21日〜8月16日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:平野敬子
  • 協力:東日本旅客鉄道株式会社、ジェイアール東日本メカトロニクス株式会社

第607回デザインギャラリー1953「デザインによる解決 --Suica改札機のわずかな傾き」

第607回デザインギャラリー1953「デザインによる解決 --Suica改札機のわずかな傾き」

Committee Member