JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第601回デザインギャラリー1953「注連縄 豊穣を招く渦」

2003年12月27日

古来、稲作を中心としてきた日本人は、稲藁にも神聖な力が宿ると考えてきた。人々はその藁で注連縄を綯い、家中に張り巡らせることで家を清浄に保ち、歳神を招き入れたのである。いつの頃からか、その縄は鶴や宝珠、宝船などを象った寿 ぎのかたちへと変化し、いまだ私たちの生活の中に深く根付いている。2004年の新年、杉浦康平氏の眼が選ぶ注連縄宇宙をご覧いただきたい。(松本哲夫)

展覧会概略

  • タイトル:第601回デザインギャラリー1953「注連縄 豊穣を招く渦」
  • 会期:2003年12月27日〜2004年1月26日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:松本哲夫
  • 監修:杉浦康平
  • 企画協力:森須磨子
  • 制作協力:民具製作技術保存会

第601回デザインギャラリー1953「注連縄 豊穣を招く渦」

第601回デザインギャラリー1953「注連縄 豊穣を招く渦」

Committee Member