JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第592回デザインギャラリー1953「17世紀から蘇る磁器」

2003年1月22日

国際的に活躍するインダストリアルデザイナー喜多俊之、有田で頑張る七人の侍ならぬ"七つの窯元"。両者が組んで和洋中全ての料理に使える器を作った。17世紀に栄えた有田焼が現代に蘇るか。ミラノ・サローネでの世界発表に先がけてのプレビュー。ご期待ください。(松永真)

展覧会概略

  • タイトル:第592回デザインギャラリー1953「17世紀から蘇る磁器」
  • 会期:2003年1月22日〜2月17日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:松永真
  • 協賛:有田焼工業協同組合

第592回デザインギャラリー1953「17世紀から蘇る磁器」

第592回デザインギャラリー1953「17世紀から蘇る磁器」

Committee Member