JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第582回デザインギャラリー1953「ダネーゼという普遍」

2002年1月23日

創設者ブルーノ・ダネーゼは言う。「人間は生まれてからいつもモノと関わり合いながら生きている。だからこそ、モノは私たちにとってもっとも身近な存在であり、非常に重要な意味をもっている」と。この展覧会からぜひ、ダネーゼという哲学と、超然とした美意識と、デザインの普遍を感じ取って下さい。(深澤直人)

展覧会概略

  • タイトル:第582回デザインギャラリー1953「ダネーゼという普遍」
  • 会期:2002年1月23日〜2月18日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:深澤直人
  • 協賛:クワノトレーディング

第582回デザインギャラリー1953「ダネーゼという普遍」

第582回デザインギャラリー1953「ダネーゼという普遍」

Committee Member