JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第525回デザインギャラリー1953「眞田岳彦の衣服--記憶」

1997年8月 6日

当然のことながら、「服」にはその表層に見られる形態と、それらによって包み込まれる内部とがある。内部とは包み込まれた精神であり、大げさにいえば、生命と豊饒、未知と既知、彼岸と此岸といった問題にかかわる。眞田岳彦の「服」は、服飾デザインとファインアートの両エッジに位置している。エッジ=周縁は、常にものごとの根源的性格を読み取る。それは「物語・記憶・シンボル」の再読である。(内田繁)

展覧会概略

  • タイトル:第525回デザインギャラリー1953「眞田岳彦の衣服--記憶」
  • 会期:1997年8月6日〜8月25日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:内田繁

第525回デザインギャラリー1953「眞田岳彦の衣服--記憶」

第525回デザインギャラリー1953「眞田岳彦の衣服--記憶」

Committee Member