JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第446回デザインギャラリー1953「森正洋めし茶わん」

1992年4月 1日

森正洋の陶磁器は清涼として端正な佇まいを持っている。それは、機能性を主題とした合理的なコンセプトが全作品を貫いているからである。したがって簡素で骨格の正しさが見る人を魅了する。このことは、実は日本の陶芸の世界では極めて稀なことで、むしろ驚異に値すると言っても過言ではないのだ。(亀倉雄策)

展覧会概略

  • タイトル:第446回デザインギャラリー1953「森正洋めし茶わん」
  • 会期:1992年4月1日〜4月20日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:亀倉雄策
  • 協賛:白山陶器株式会社

第446回デザインギャラリー1953「森正洋めし茶わん」

第446回デザインギャラリー1953「森正洋めし茶わん」

Committee Member