JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第441回デザインギャラリー1953「杉浦康平のマンダラの本」

1991年12月26日

哲学と文化を造本に持ち込んだ最初の人が杉浦康平である。彼は神慮とも思える程、執拗に造本の美学を追求した。造本に対する彼の姿勢は宗教的で、精神主義のように私には思われてならない。(亀倉雄策)

展覧会概略

  • タイトル:第441回デザインギャラリー1953「杉浦康平のマンダラの本」
  • 会期:1991年12月26日〜1992年1月13日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:亀倉雄策
  • 協力:イメージランド

第441回デザインギャラリー1953「杉浦康平のマンダラの本」

第441回デザインギャラリー1953「杉浦康平のマンダラの本」

Committee Member