JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第394回デザインギャラリー1953「タピオ・ウィルカラ造形展」

1988年11月 2日

かつて、フィニッシュ・モダンを創出した有力な旗手の一人であったタピオ・ウィルカラは、そのユニークな造形美において、今日の世界デザイン界に残した影響力は大きい。ラップランドのきびしい自然を背景とした鬼才の心を、若い世代へ紹介する。(船越三郎)

展覧会概略

  • タイトル:第394回デザインギャラリー1953「タピオ・ウィルカラ造形展」
  • 会期:1988年11月2日〜11月21日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:船越三郎
  • 後援:フィンランド大使館

第394回デザインギャラリー1953「タピオ・ウィルカラ造形展」

第394回デザインギャラリー1953「タピオ・ウィルカラ造形展」

Committee Member