JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第384回デザインギャラリー1953「インテリア素材としての印刷パターン--PRODUCT PATTERN DESIGN」

1988年3月18日

現代の住空間には、さまざまな材料が使われ、多くのテクスチュアやパターンが我々を包み込んでいる。これら材料は、自然材でもあるが人工材も多い。この工業化された材料は、床、壁、天井から家具、家電製品、車両、航空機にまで及んでいる。時に語りかけたり、無意識のうちに感じているバターンやテクスチュアは、我々の心にまで影響を及ぼしていると思う。この事実を意識しながら、こつこつと《プロダクト・パターン》を生み続けるデザイナー達の事後とを御覧いただきいた。(松本哲夫)

展覧会概略

  • タイトル:第384回デザインギャラリー1953「インテリア素材としての印刷パターン--PRODUCT PATTERN DESIGN」
  • 会期:1988年3月18日〜4月6日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:松本哲夫
  • 協賛:凸版印刷株式会社

第384回デザインギャラリー1953「インテリア素材としての印刷パターン--PRODUCT PATTERN DESIGN」

第384回デザインギャラリー1953「インテリア素材としての印刷パターン--PRODUCT PATTERN DESIGN」

Committee Member