JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第368回デザインギャラリー1953「JOINT--小松誠のプロダクトデザイン」

1987年4月 3日

クシャクシャした紙の効果を利用したユニークな陶磁器のカップやガラスコップをデザインした小松誠君が、陶磁器やガラスに金属やゴム、樹脂などの異素材を組み合せて新しいデザイン表現を試みた。違う材料との組み合せは表現の幅を広げ、新しいコンセプトは新しい形が生まれる。新しい形は新しい生活をつなぐでしょう。(森正洋)

展覧会概略

  • タイトル:第368回デザインギャラリー1953「JOINT--小松誠のプロダクトデザイン」
  • 会期:1987年4月3日〜4月15日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:森正洋
  • 協力:株式会社OHS、株式会社木村硝子、株式会社セラミックジャパン

第368回デザインギャラリー1953「JOINT--小松誠のプロダクトデザイン」

第368回デザインギャラリー1953「JOINT--小松誠のプロダクトデザイン」

Committee Member