JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第321回デザインギャラリー1953「空間・箱--イメージの存在・杉本貴志」

1984年4月13日

今、過熱気味なほど進んでいるのは、ショップ・デザインだろう。中でも、ファッション・ブティックのショップ作りはめざましい。才気ある若手デザイナーが輩出しているし、多くの先鋭なデザインも生まれ、その手法も世界から関心を集めつつある。そういった渦中で、杉本貴志、パートナーである高取邦和の率いるスーパーポテトの活動は、まさに気力充実、デザインの密度も際立って高い。杉本貴志の新しさは、商品であるファッション・デザインと、空間デザインの両者が、対等な姿勢にある。------今回の展覧会では、彼の造形の原型ともいえるイメージスケッチを箱に託して展開する。ご期待下さい。(粟辻博)

展覧会概略

  • タイトル:第321回デザインギャラリー1953「空間・箱--イメージの存在・杉本貴志」
  • 会期:1984年4月13日〜5月3日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:粟辻博

第321回デザインギャラリー1953「空間・箱--イメージの存在・杉本貴志」

第321回デザインギャラリー1953「空間・箱--イメージの存在・杉本貴志」

Committee Member