JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第189回デザインギャラリー1953「照明シリーズⅢ 横山尚人のCANランプ」

1976年8月27日

ぼくは横山尚人の仕事の中でCANが好きだ。CANには今までの横山に感じなかった生活感がある。作家とクライアントの出合はドラマだ。横山と東洋工罐との出合が、今度のCAN LAMPへ発展した。個展ではCANの特性を生かした新しい可能性を見せてくれると同時に、横山自身の新たな可能性の発現をも示してくれる。作品はロウコストで、コンパクトで、美しい。(伊藤憲治)

展覧会概略

  • タイトル:第189回デザインギャラリー1953「照明シリーズⅢ 横山尚人のCANランプ」
  • 会期:1976年8月27日〜9月8日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:伊藤憲治
  • 協力:東洋工罐株式会社

第189回デザインギャラリー1953「照明シリーズⅢ 横山尚人のCANランプ」

第189回デザインギャラリー1953「照明シリーズⅢ 横山尚人のCANランプ」

Committee Member