JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第184回デザインギャラリー1953「触感のインテリア ノブとフック」

1976年5月14日

日本では、把っ手とか帽子かけを「金物」と呼んでいます。金属で造ってあるからでしょう。しかし、ヨーロッパでは今日、かなり金属からプラスチックに変りつつあります。だから美しいカラフルなハードウェアが、どんどん誕生しています。しかも新鮮なデザイン感覚が躍動しています。(亀倉雄策)

展覧会概略

  • タイトル:第184回デザインギャラリー1953「触感のインテリア ノブとフック」
  • 会期:1976年5月14日〜5月26日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:亀倉雄策

第184回デザインギャラリー1953「触感のインテリア ノブとフック」

Committee Member