JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第157回デザインギャラリー1953「公共サインへの貢献」

1974年10月18日

電柱、柵、木の幹、街路の壁などに掛けられたサインが、目障りになりはじめてから、ほとんど10年もたっていない。まだ闘いは完全な勝利に終っていないが、アメリカン・インスティテュート・オヴ・グラフィック・アーツは〈サイン時代〉を通して、われわれの都市及び田園風景に積極的に貢献してきた、デザイン事務所9社に拍手をおくる。この展示に含まれる作品は、社会的、政治的、経済的及びデザイン上の力が、イメージの内容とサインの形態とを結合させる目的のために協力し、価値ある結果を生み出し得ることを示している。(原弘)

展覧会概略

  • タイトル:第157回デザインギャラリー1953「公共サインへの貢献」
  • 会期:1974年10月18日〜10月30日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:原弘
  • 協力:株式会社竹尾
  • 提供:AIGA--アメリカ

第157回デザインギャラリー1953「公共サインへの貢献」

第157回デザインギャラリー1953「公共サインへの貢献」

Committee Member