JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第123回デザインギャラリー1953「アメリカのコミュニケーショングラフィックス」

1973年2月16日

これはAIGA(American Institute of Graphic Arts)の会員作品の72年度の年次展である。会長ミルトン・グレーサーによれば、コミュニケーションという用語は、デザイナーの責任と機能をあらわすために、しばしば用いられるが、何が伝達されているかという、本質的な内容はほとんど無視され、いかに巧みに伝達されているかに、すり変えられてきた、という。"最近、われわれの職業における倫理の変化が起りつゝあることに、気がついてきた。それは文化の総体的な変化を反映している。"ということで、今回の展示作品の検討に当っては、デザイナー以外の社会的オブザーバーを招いたという。これがこの年次展の特長である。(原弘)

展覧会概略

  • タイトル:第123回デザインギャラリー1953「アメリカのコミュニケーショングラフィックス」
  • 会期:1973年2月16日〜2月28日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:原弘
  • 資料提供:AIGA--アメリカ、竹尾洋紙店

第123回デザインギャラリー1953「アメリカのコミュニケーショングラフィックス」

第123回デザインギャラリー1953「アメリカのコミュニケーショングラフィックス」

Committee Member