JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第105回デザインギャラリー1953「〈日本の家具シリーズ〉山川ラタン」

1972年3月24日

日本でも古くから使われていた藤。戦前は、乳母車とか簡易な夏のためのイスなど、低いイメージからなかなか抜け出せなかった。15年前に、渡辺 力が山川ラタンと協力して開発したデザインが、始めて籐家具に新風を吹きこみ、ミラノのトリエンナーレ展で金賞を受けた。数年前には、剣持 勇のイスが、ニューヨーク近代美術館で買上げられた。藤はむしろ高級感さえ持たされている。軽い、曲がる、編める......他の材料に見られないこの特性が、次の世代のデザインにどう受けつがれてゆくのだろうか。(渡辺力)

展覧会概略

  • タイトル:第105回デザインギャラリー1953「〈日本の家具シリーズ〉山川ラタン」
  • 会期:1972年3月24日〜4月5日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:渡辺力
  • 協力:株式会社山川ラタン

第105回デザインギャラリー1953「〈日本の家具シリーズ〉山川ラタン」

第105回デザインギャラリー1953「〈日本の家具シリーズ〉山川ラタン」

Committee Member