JAPAN DESIGN COMMITTEE

デザインギャラリー1953

第20回デザインギャラリー1953「デザイナーのタッチしないデザイン」

1965年10月15日

バットは球を打つのに如何に振り易く,グラーブは球を如何に捕え易く,野球人にとって,生命を左右するほどのこの使い勝手は,余りにも峻厳であるが故に,今日のデザイナーのいう,スタイルとか,ムードとか,流行等,いささかも入り得る余地のないものであった。併しその姿は何と健康的な素直さを持っていることだろう。これこそデザインの本然の姿ではなかったか! デザイナーのタッチしていない此等のデザインを,Anonymous Designと称し,識者の中で論議のまととして注目されているものである。(柳宗理)

展覧会概略

  • タイトル:第20回デザインギャラリー1953「デザイナーのタッチしないデザイン」
  • 会期:1965年10月15日〜11月10日
  • 会場:松屋銀座7F・デザインギャラリー1953
  • 主催:日本デザインコミッティー
  • 展覧会担当:柳宗理

第20回デザインギャラリー1953「デザイナーのタッチしないデザイン」

第20回デザインギャラリー1953「デザイナーのタッチしないデザイン」

Committee Member